生芋こんにゃく

「こんにゃく」のイメージが変わります

上北山村のこんにゃくの特徴は何と言っても「食感」と「風味」

ぷるぷるとした柔らかさを感じながらも、しっかり歯ごたえのある食感、そしてほのかに優しい香りがするような、何とも言えない口当たりと風味
 

きっとあなたの「こんにゃく」のイメージが変わると思います

コンニャク芋に含まれる代表的な成分“コンニャクマンナン”
体内では消化されない食物繊維で、胃や腸の中で膨張するため便秘解消や血糖値の上昇を抑える効果があるとされており、「胃のほうき」「おなかの砂おろし」と言われています

また近年では肌の潤いには欠かせない成分“セラミド”による美肌効果も確認されており、こんにゃくスムージーなど「美と健康」に役立つ食材としても注目されています

「美」と「健康」の
二刀流
美味しさの秘密は「生芋」と「木灰汁」

一般的に「こんにゃく」といえば、コンニャク芋を裁断し乾燥させた精粉から作られているものがほとんどです
 

しかし上北山村では生芋をじっくりじっくり丁寧に練り合わせ、昔ながらの「木灰汁仕立」で製造しています

生芋から作ることで成分が活き、絶妙の食感と健康への優しさがバランスよく含まれたこんにゃくを生み出します

また、日本にあるほとんどのこんにゃくが[消石灰]で固めているのに対し、混じり気のない木灰に熱湯をかけて抽出した[木灰汁]を混ぜて固めていますので嫌な“こんにゃく臭さ”がほとんどなく、さしみでも食べることが出来る味わい深い風味をもたらします

美味しい食べ方

生芋で作ったこんにゃくは味が染みやすいので、おでんや煮物ももちろん美味しいですが、まずは「おさしみこんにゃく」にしてそのままの食感・風味をお楽しみください
 ①袋から取り出し軽く水洗いして、3~5mm前後の幅に切る
 ②お好みでわさび醤油や酢味噌などをつけてどうぞ

他にもこんにゃくステーキや和え物、サラダなど様々な食べ方がありますので、色々試してみてください